カウンター


最新の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


プロフィール

管理人:あにみつ

このブログはリンクフリーです。
ご自由にどうぞ^^

個人的なご連絡はコチラへどうぞ。
animitsu◎yahoo.co.jp
(◎を@にして下さい)


ランキング

FC2ブログランキング 人気ブログランキング
応援のクリックお願いします。


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

アクセスランキング

アクセスランキング 全ランキング表示

ネット小説ランキング>短編集部門>「【SSS】ショートショートストリート」に投票

ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。(月1回)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



招かれざる客

ピンポ??ン♪


「待っていたよ。・・・あっ」

「消防署の方から来ました。消火器の点検です」

「そうですか。こんな山奥までわざわざご苦労様です。どうぞどうぞ、さあ!中にお入り下さい!」

「あっ、はい。ではさっそく見てみますんで案内してもらっていいですか?」

「はい。え??っとぉ・・・コレですね」

「うわぁ、コレはダメですよ、有効期限過ぎてますから。すぐに新しい消火器に買い換えて下さい。私、持ってきてますから」

「ええ、わかりました。ではお金を持って来ます。外は暑かったでしょう。この冷たいお茶でも飲んでちょっと待ってて下さい」


ちょうど喉が渇いていたので貰ったお茶を一気に流し込んだ。
それにしてもこんな山奥まで来た甲斐があったぜ。
いいカモを見つけた。
今時こんな古い手に引っかかるヤツがいるとはな。
しばらくしたら、また別の手で騙し取ってやろう。
おっ、戻って来た。


「実は私、ココで新薬の研究をやってましてね」

「それはそれは。どのような薬を?」


どうやらジジイは長話を始めるつもりらしいな。
ジジイの長話はうざいけど聞いてやるとするか。
このジジイ金持ってそうだから、仲良くなれば金にありつけそうだ。


「今はちょうど、惚れ薬の開発が終わったところなんです」

「へえ?、惚れ薬ですか」

「恥ずかしながら、自分自身の為に作った薬なんです・・・。5年前に大発明をして、巨万の富を得たんです。そのお金でこの研究所を建てました」

「へぇ?!スゴいじゃないですか!!」


思った通りだ!
このジジイかなり金を持ってるみたいだぜ!!


「今思えばそれがいけなかった。」

「えっ!?どうしてですか!?」

「妻とは相思相愛だったんです。しかしこの研究所が出来てからというもの、私は研究に没頭するあまり本宅に帰らずココで寝起きする生活が続きました。妻は初めの頃は食事を作りに来てくれていたのだが、やがて愛想を尽かされましてね」

「理解の無い奥さんなんですね」

「いや、悪いのは妻を構ってやらず研究ばかりしていた私の方です。だから妻とやり直す為に惚れ薬を作ったんです。そこで、話し合いをしたいから会おうと妻に持ちかけ、今日ココに来てもらう事になりました。そして、2人で薬を飲めば・・・」

「なるほど、相思相愛の頃へ戻れるって事ですね」


ピンポ?ン♪


ジジイがインターホンを取る。
モニターにババアが映った。
多分、コレがその奥さんだな。


「遅くなってごめんなさい」

「もうイイ!帰れっ!!」

「はあ!?何よ!自分でこんな山奥に呼んでおいて!!ほんの数分遅れただけじゃない!!」

「もうお前なんて知らん!いいから帰れ!!」

「あっそう!!こっちこそ知らないわ!もう離婚ね!!」

「ああ!是非そうしてくれ!!」


ジジイはインターホンを切った。

何してるんだ!?このジジイ!?
数分遅れただけでこんなに怒るか、普通!?
計画が台無しじゃねえか。アホかコイツ!?

んっ!?コレはチャンスかも知れない!
オレがこの2人の仲裁をすれば、お礼にたんまり金をくれるに違いない!!
窓から外を見ると、ババアは乗ってきたタクシーに乗り込むところだった。


「なにしてるんですか!?惚れ薬を使って仲直りするんでしょ!?まだ間に合いますよ!追いかけましょうよ!!」

「いや、もういいんだ」

「なに言ってるんですか!?奥さんと仲直りするために惚れ薬を作ったんでしょ!?」

「あの薬はな・・・・・・飲んだ10分後に一番始めに見た相手に惚れるようになっている。あの薬は効果が現れるまで10分かかるんだ。その間は何も効果は表れない。つまり、さっきのようにいつものクセで妻に悪態をついてしまう可能性があった。だから、妻が来る予定時刻の10分前には薬を飲んでおいたのさ。そして、妻にはあらかじめ薬を溶かせておいたお茶を飲ませる予定だった」

「・・・・・・」

「そろそろ10分経ったようだね」


彼はオレの背後に回り込み、やさしく抱きしめてくれた。
スポンサーサイト



馬鹿につける薬

「『馬鹿につける薬』が遂に完成したんだが、効果を試す為、実験台になってくれる人を探したいんだ。君ならどうする」

「そんなの簡単ですよ、博士。人が集まる駅前とかで馬鹿を探せば良いじゃないですか」

「どうやって馬鹿を見分ければいいんだ?」

「えっ!?そんな事も解らないんですか?『あなた馬鹿ですか?』って聞いてみれば一発ですよ!!」

「…別の方法は無いかな?」

「それなら電話帳めくって順番に電話掛けて『あなた馬鹿ですか?』って聞いてみれば絶対見つかりますよ」

「………」

「あっ!そうだ!!馬鹿日本一を決める大会を開いたら良いんじゃないですか?日本中の馬鹿が参加しますから最高の実験台が見つかりますよ!!」

「………次から次へとアイデアが出てくるんだなあ」

「博士のおかげです!多分、あの薬の効果ですよ!私、さらに天才になったみたいです!!」

「なるほどな」

「まあ、元々この辺りには私以外に天才は居なかったみたいですけどね。だって、あの【この文字が見えるあなたは天才です。そんなあなたの頭をさらに良くする薬を差し上げます。○月○日、午前9時、△△駅前の銅像の前にてバラの花を口にくわえてお待ち下さい。お迎えに上がります】って新聞折り込みチラシが見えたのは私だけって事でしょ。あの日、あの場所で待ってたのは僕だけですから!!」

「…そうだな」

「じゃあ、また何か聞きたいことがあったら、いつでも電話して下さい。それじゃ!!」


電話が切れた後、博士はつぶやいた。


「……やはり失敗か」


 | HOME |  ▲ page top

copyright © 2006 【SSS】ショートショートストリート all rights reserved.     




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。