カウンター


最新の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


プロフィール

管理人:あにみつ

このブログはリンクフリーです。
ご自由にどうぞ^^

個人的なご連絡はコチラへどうぞ。
animitsu◎yahoo.co.jp
(◎を@にして下さい)


ランキング

FC2ブログランキング 人気ブログランキング
応援のクリックお願いします。


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

アクセスランキング

アクセスランキング 全ランキング表示

ネット小説ランキング>短編集部門>「【SSS】ショートショートストリート」に投票

ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。(月1回)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



重要参考人

「この3人に見覚えはありますよね?昨日、あなたが接客しましたね?」

「はいっ、そうですぅ」

「あなたの常連客であるこの3人は、今日死にました。2人は交通事故、もう1人は仕事中に機械に巻き込まれ即死。昨日と会わせてコレで7人目なんですよ」

「でも?、私は何もしてないですぅ?」

「3人が死亡した時刻である今日の午前10時から午後4時の間、あなたは何をしてました?」

「昨日と一緒ですぅ?。その時間はお店に出てました?」

「そうですよね。ココに来る前に店長や他の従業員に確認しました」

「じゃあ、聞かなくてもいいじゃないですかぁ?」

「まあ、念のためですよ。こういう確認でボロを出すアホな犯人も居るんでね」

「私、犯人じゃないですよぉ?!」

「そう。あなたは重要参考人。証拠は何も無い。死因も場所も時刻もバラバラ。どう見ても事故。あなたには完璧なアリバイがある。被害者とあなたの関係も調べたが店以外での繋がりはなし。……我々も偶然と思いたいんだが、あまりに出来すぎているんで事件と事故の両面で調べを進めていましてね」

「私もブルーなんですぅ?。偶然にしては出来すぎててぇ?。恐いですぅ?」

「では、あなたへの疑惑を晴らすためにも、じっくりお話を聞かせて頂いてもよろしいですかな?」

「はいっ!わかりましたっ」

「では、質問を始めます。あなたがあの店で働きだしたのは3年前。だが1年前に休職し、一昨日に復帰。間違いないですね」

「はいっ!」

「休職中の1年間は何をしていました?」

「修行ですぅ?」

「修行?」

「はいっ。私、完璧になりたくて、本場で修行してきましたぁ?。
おかげさまで今は本物なんですよ、私!!スゴくないですかぁ??もしかしたら日本で私だけじゃないかなぁ?他の店にはいないと思うよ……って、どーせコレも店長に聞いてるんでしょぉ??」

「まあね。一応、その修行先とやらも調べさせてもらったが、あやしいところは無さそうだった。」

「当たり前ですぅ」

「では、客への料理は誰が作っていましたか?」

「もちろん私ですぅ?!なにせ私は本物ですからぁ?!……あっ!もしかしてぇ、毒を入れたと思ってるんですかぁ???」

「いや、彼らから毒物は発見されなかった。
ん?……では、このペナントに見覚えは?あなたの修行先と同じ地名が書かれている。実は今日死んだ3人のうちの1人のリュックに入っていた物なんだが…」

「あっ!それぇ、私が修行先で買ってきたヤツですぅ?。かわいいでしょ??」

「ほお、詳しく聞かせてもらおうか」

「えっとぉ?、私ぃ?、長い間お休み貰ったからぁ?、お土産ぐらい渡さなきゃと思ってぇ、そのペナントを100枚買ってきたんですぅ。だって昔からお土産と言えばペナントですもんねっ♪まさに『土産オブ土産』って感じですぅ♪それとぉ?、ホントは今日から仕事復帰の予定だったんだけど、1日でも早くお店に出たかったからぁ?、一昨日から出ちゃいましたぁ?♪でぇ?、偶然にもぉ?、私の事を覚えててくれた御主人様が来てくれてたんでぇ?、先にお土産を渡しちゃいましたぁ?。でね、今日は御主人様達やお店の仲間がぁ、復帰記念パーティーをやってくれたんですよぉ?♪皆さんが本物になった私の事を『メイドオブメイド』って言ってくれてぇ?、今日は楽しかったですぅ?♪もちろん?、残りのお土産は全部ぅ、御主人様達やお店の仲間に配り終えましたぁ!」

「……昨日と一昨日は何枚ずつ渡したんだ?」

「確かぁ?、一昨日は4枚、昨日は3枚だったと思いますけどぉ?」
スポンサーサイト



招かれざる客

ピンポ??ン♪


「待っていたよ。・・・あっ」

「消防署の方から来ました。消火器の点検です」

「そうですか。こんな山奥までわざわざご苦労様です。どうぞどうぞ、さあ!中にお入り下さい!」

「あっ、はい。ではさっそく見てみますんで案内してもらっていいですか?」

「はい。え??っとぉ・・・コレですね」

「うわぁ、コレはダメですよ、有効期限過ぎてますから。すぐに新しい消火器に買い換えて下さい。私、持ってきてますから」

「ええ、わかりました。ではお金を持って来ます。外は暑かったでしょう。この冷たいお茶でも飲んでちょっと待ってて下さい」


ちょうど喉が渇いていたので貰ったお茶を一気に流し込んだ。
それにしてもこんな山奥まで来た甲斐があったぜ。
いいカモを見つけた。
今時こんな古い手に引っかかるヤツがいるとはな。
しばらくしたら、また別の手で騙し取ってやろう。
おっ、戻って来た。


「実は私、ココで新薬の研究をやってましてね」

「それはそれは。どのような薬を?」


どうやらジジイは長話を始めるつもりらしいな。
ジジイの長話はうざいけど聞いてやるとするか。
このジジイ金持ってそうだから、仲良くなれば金にありつけそうだ。


「今はちょうど、惚れ薬の開発が終わったところなんです」

「へえ?、惚れ薬ですか」

「恥ずかしながら、自分自身の為に作った薬なんです・・・。5年前に大発明をして、巨万の富を得たんです。そのお金でこの研究所を建てました」

「へぇ?!スゴいじゃないですか!!」


思った通りだ!
このジジイかなり金を持ってるみたいだぜ!!


「今思えばそれがいけなかった。」

「えっ!?どうしてですか!?」

「妻とは相思相愛だったんです。しかしこの研究所が出来てからというもの、私は研究に没頭するあまり本宅に帰らずココで寝起きする生活が続きました。妻は初めの頃は食事を作りに来てくれていたのだが、やがて愛想を尽かされましてね」

「理解の無い奥さんなんですね」

「いや、悪いのは妻を構ってやらず研究ばかりしていた私の方です。だから妻とやり直す為に惚れ薬を作ったんです。そこで、話し合いをしたいから会おうと妻に持ちかけ、今日ココに来てもらう事になりました。そして、2人で薬を飲めば・・・」

「なるほど、相思相愛の頃へ戻れるって事ですね」


ピンポ?ン♪


ジジイがインターホンを取る。
モニターにババアが映った。
多分、コレがその奥さんだな。


「遅くなってごめんなさい」

「もうイイ!帰れっ!!」

「はあ!?何よ!自分でこんな山奥に呼んでおいて!!ほんの数分遅れただけじゃない!!」

「もうお前なんて知らん!いいから帰れ!!」

「あっそう!!こっちこそ知らないわ!もう離婚ね!!」

「ああ!是非そうしてくれ!!」


ジジイはインターホンを切った。

何してるんだ!?このジジイ!?
数分遅れただけでこんなに怒るか、普通!?
計画が台無しじゃねえか。アホかコイツ!?

んっ!?コレはチャンスかも知れない!
オレがこの2人の仲裁をすれば、お礼にたんまり金をくれるに違いない!!
窓から外を見ると、ババアは乗ってきたタクシーに乗り込むところだった。


「なにしてるんですか!?惚れ薬を使って仲直りするんでしょ!?まだ間に合いますよ!追いかけましょうよ!!」

「いや、もういいんだ」

「なに言ってるんですか!?奥さんと仲直りするために惚れ薬を作ったんでしょ!?」

「あの薬はな・・・・・・飲んだ10分後に一番始めに見た相手に惚れるようになっている。あの薬は効果が現れるまで10分かかるんだ。その間は何も効果は表れない。つまり、さっきのようにいつものクセで妻に悪態をついてしまう可能性があった。だから、妻が来る予定時刻の10分前には薬を飲んでおいたのさ。そして、妻にはあらかじめ薬を溶かせておいたお茶を飲ませる予定だった」

「・・・・・・」

「そろそろ10分経ったようだね」


彼はオレの背後に回り込み、やさしく抱きしめてくれた。


リンダリンダ

※このお話はちょっと……というかかなり長めです。

続きを読む »




 | HOME |  ▲ page top

copyright © 2006 【SSS】ショートショートストリート all rights reserved.     




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。