カウンター


最新の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


プロフィール

管理人:あにみつ

このブログはリンクフリーです。
ご自由にどうぞ^^

個人的なご連絡はコチラへどうぞ。
animitsu◎yahoo.co.jp
(◎を@にして下さい)


ランキング

FC2ブログランキング 人気ブログランキング
応援のクリックお願いします。


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

アクセスランキング

アクセスランキング 全ランキング表示

ネット小説ランキング>短編集部門>「【SSS】ショートショートストリート」に投票

ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。(月1回)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



幸せの神

「おはよう!エム君、今日は○月22日、今日もお互い頑張ろうね」


いつもの通り恋人であるアイのモーニングコールで目覚めた。


「ああ、おはよう。それじゃあ用意して行ってくるよ」


アクビをしながら返事をし、電話を切った。
最近は少し冷たい態度を取っていた。
どうせならビックリさせてやろうと考えていたからだ。

今日もいつもの通り会社へ行き、家に帰った頃には日付が変わっていた。

翌朝、珍しくモーニングコールの前に目が覚めた。
ふと横を見ると、五十代ぐらいの見知らぬ男が立っていた。
明らかに普通の人間には見えなかった。


「誰だお前は!」

「私は幸せの神」

「ふざけるな!勝手に人の家に入りやがって!出ていけ!!」


気味が悪いので、服をつかんで部屋から引きずり出そうとしたが、男に触れる事が出来ず、するりと通り抜けてしまった。


「私が触ることを望んだ場合以外は私に触れる事は出来ん」


男はそう言いながら片方の手でオレの左手首をつかむと、もう片方の手の人差し指をオレの左手の甲に押し当てた。
あっけに取られているオレを横目に男は言った。


「これでわかっただろう。先程指を当てた箇所を見てみろ」


言われるがままに左手の甲を見ると、さっき指を当てられていた箇所にハッキリと赤い"幸"の字の形をしたあざが出来ていた。
指で擦ってみたが消えなかった。


「ふーん、どうやら本当みたいだな。で、何をしてくれるんだ?オレを幸せにしてくれるのか?」

「特に何もしない。幸せは自分で見つけるもの。私は機会を与えるだけ。それを生かすも殺すもお前次第だ」

「じゃあ、オレには必要ないな」


そう言い終えたところで電話の呼び出し音が鳴り響いた。


「おはよう!エム君、今日は○月23日、今日もお互い頑張ろうね」

「ああ、おはよう。あっ、そうだ!今日は早めに帰れそうだから、久々に会わないか?話したいことがあるんだ」

「ホント!?いいよ」

「じゃあ、8時にいつもの店で」

「うん!わかった!」


電話を切り、再び幸せの神に向けて話し始めた。


「さっきのは恋人のアイ。彼女とは付き合って3年になる。今月初め、婚約指輪も買った。もちろんアイに渡しプロポーズするためだ。アイも結婚をしたがっている様子だったからきっと喜ぶだろう。早く渡したかったが仕事が忙しく、なかなか渡す機会がなかったが、今日渡す事になった。仕事も順調そのもの。どうだ、わかっただろ?もしお前が本当に幸せの神なら、他のヤツのところに行ったらどうだ?オレには必要ないんだ」

「お前に憑く」

「頑固なんだな。まあオレが拒む事は出来ないみたいだし、勝手にすればいいさ」


時間が無かった事もあり、これ以上幸せの神の相手をする事はやめ、身支度をし会社に向かった。
幸せの神もついてきた。
コイツの姿はオレにしか見えないし、声もオレにしか聞こえないようだ。
家以外では幸せの神に話しかけない事にした。
周りからは不気味な独り言に見えるだろうし、コイツの事を話しても誰も信じてくれないに違いないからだ。
それに幸せの神は何も話さないし、何もしてこない。ただついてくるだけだった。

夕方、オレの上司である課長が言った。


「今からA社との接待をする事になったんだが、エム君かティー君のどちらかについてきて欲しいんだ。どっちが来る?」


ティーはオレと同期であり、良きライバルでもあった。
A社は大事な大口の取引先であり、今までは課長と私とティーの3人で担当し交渉を進めていた。明日は朝から大事なプレゼンを控えていた。
明日のプレゼン以降は私かティーのどちらか一人に担当を任される事になっていた。接待に参加すればティーに差をつけることが出来る。


「はい。それなら私が!」


オレは間髪入れずに答えた。
隣でティーも「私が…」と言いかけていたが、オレの声の方が早かった。


「じゃあエム君についてきてもらう事にしよう」


接待は上手くいった。
終わった頃には10時を回っていた。
あわててアイに電話をした。


「悪い。急に接待が入って…、もちろん約束を忘れていたわけじゃ無くて、時間が無かったんだ。この埋め合わせは必ず」

「電話ぐらいくれてもいいじゃない」

「大事な取引先だったんだ。だから席を外せなくて」

「そう……最近、冷たいね」

「いや、それは…」

「……もういい…………別れましょう」

「なっ!ちょっと待って」


既に電話は切れていた。
何度もかけ直したが、繋がらなかった。
家に帰ってからやけ酒を飲んだ。


「アイ以外の女と一緒になった方が幸せだという事なのか!?」

「さあな」

「アイよりいい女なんて絶対に居ない!!何が幸せの神だ!!本当は疫病神か悪魔の類だろ!!」

「違う」

「くそ!!この悪魔め!!」


オレは幸せの神に殴りかかったが、やはり通り抜けてしまいバランスを崩し転んでしまった。


………。


電話の呼び出し音が鳴り響いた。
いつの間にか寝てしまったようだ。
アイだ!考え直してくれたようだ。


「昨日はゴメン!今日こそは会おう!!」

「何を寝ぼけているんだ!!今何時だと思っているんだ!!」


課長だった。あわてて時計を見ると9時半を過ぎていた。


「うわ!!すいません!!すぐに向かいます!!」

「もう来なくていい!!」

「あっ!待って下さい!」


既に電話は切れていた。


「アイの次は仕事かよ。お前が来てからどんどんオレは不幸になっている。わかったぞ!お前、本当は貧乏神だろ!!」

「違う。幸せの神だ」

「嘘吐け!!」


またもや幸せの神に殴りかかったが、バランスを崩し転んでしまった。
こうなる事はわかっていたが、こうでもしないと気がおさまらなかった。
床に着いた左手の甲の赤い"幸"の文字が目に入った。
字の部分が押しボタンのように膨れあがっていた。


「何が"幸"だ!!」


オレは思いっきり左手の甲を殴りつけた。


………。


電話の呼び出し音が鳴り響き、オレは目覚めた。


「おはよう!エム君、今日は○月23日、今日もお互い頑張ろうね」

「23日?」

「そうよ」


辺りを見回したが、どこにも幸せの神の姿は無かった。


「はは、なんか変な夢を見ていたみたいだ」

「どんな夢?」

「イヤな夢さ。……そんな事より、今日は早めに帰れそうだから久々に会わないか?話したいことがあるんだ」

「ホント!?いいよ」

「じゃあ、8時にいつもの店で」

「うん!わかった!」


夕方、オレの上司である課長が言った。


「今からA社との接待をする事になったんだが、エム君かティー君のどちらかについてきて欲しいんだ。どっちが来る?」


夢と全く同じであった。


「私が行きます!」

「じゃあティー君についてきてもらう事にしよう」


その夜、オレはアイの左手薬指に婚約指輪を嵌めた。
アイは涙を浮かべ喜んだ。


「いじわる。私を驚かせる為に冷たくしていたなんて……。
……あれ?こんなところにホクロなんてあった?」


アイはオレの左手の甲を指さした。
見ると確かに小さなホクロがあった。
顔に近づけてよく見てみると、それは"幸"の字に見えた。
スポンサーサイト



この記事へのコメント

 ◆

今回はハッピーエンドなんですね!
とても良い話だと思いました。

多分バッドエンドだろうと思って、
どんなエンディングなのか考えながら読んでいました。
予想外にハッピーだったので嬉しかったです。
皆のもとに幸せの神が現れたら良いんですけどね。

そして、おハゲの方には幸せの髪が・・・。
すみません、ふざけてみたかっただけです。

 ◆

夢だけど、夢じゃない話でしたね。
幸せの神はちゃんと幸せを運んでくれたのですね、
よかったよかった。

 ◆

こんばんわw 
 最後はハッピーエンドで良かったです。途中から、『これは、きっとバットエンドだ!』と思っていたので、いい意味での、どんでん返しでしたw
 展開が全く読めなかったので、とても面白かったです。
 あと、相互リンクして頂き、有難う御座います。まさか相互して頂けるなんて、思ってなかったので、嬉しかったです。有難う御座いました。 でわ!

 ◆


何かを決断するとき。
自分の利益だけを考えることが幸福に繋がるとは限らない。
人の心は動くもの。

彼は、そのチャンスをその時、いかさねばならなかったということを教えてくれたのですね。

 ◆

初めまして。
あまりに面白くて、ログを全て読ませて頂きました。
こんな落ちがよく思いつくなぁと、ただただ関心するばかりです。
星新一さんの作品と近い物を感じます。
早速お気に入りに入れさせて頂きました。
これからも頑張って下さいね。

 ◆管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 ◆マッコリ

マッコリを探すなら http://www.carrot-import.com/510915/403311/

 ◆インタレストスワップで30代,40代の転職の準備

インタレストスワップとは、金利スワップのこと http://sphere.catvtestchips.com/

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://short.blog66.fc2.com/tb.php/8-19a87f75

 | HOME |  ▲ page top

copyright © 2006 【SSS】ショートショートストリート all rights reserved.     




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。